獅子と梟

西武ライオンズとコンサドーレ札幌の試合の感想、採点など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンサドーレ札幌2007シーズン総括

2007シーズンは見事優勝でJ1昇格を決めた札幌。簡単にまとめたいと思う。

<採点平均>
GK佐藤   6.000(1試合)
GK高木   6.000(47試合)
DF西澤   5.645(38試合)
DF曽田   5.900(45試合)
DF池内   5.833(32試合)
DF西嶋   5.830(44試合)
DFブルーノ 5.895(43試合)
DF吉瀬   6.000(2試合)
MF和波   5.000(2試合)
MF砂川   5.875(42試合)
MF大塚   5.819(39試合)
MFカウエ  5.607(32試合)
MF芳賀   5.804(47試合)
MF上里   5.500(7試合)
MF金子   5.625(7試合)
MF川崎   6.000(2試合)
MF岡本   6.375(9試合)
MF藤田   5.803(39試合)
MF西    6.500(5試合)
MF西谷   5.895(38試合)
MF鄭容台  6.278(10試合)
FW石井   5.583(36試合)
FWダヴィ  5.897(39試合)
FW相川   5.550(9試合)
FW中山   5.682(45試合)
FWイタカレ 5.167(3試合)

ベスト3は高木、曽田、ダヴィとなった。4位は西谷というところを見ると、各ポジションでコンスタントな働きをした選手がいたのが強さの秘訣か?高木が個人的MVP!

<☆獲得数>
☆☆☆☆☆ ダヴィ
☆☆☆☆  西谷
☆☆☆   高木、曽田
☆☆    ブルーノ、藤田、石井、中山
☆     芳賀、カウエ、岡本、西、砂川

MOMの選手に与えていた☆獲得数1位はダヴィ。最も印象に残るプレーをしていた。個人的MIPはダヴィ!

<最後に>
影の功労者も忘れてはいけない。終盤、西谷や藤田が抜けた攻撃陣を活性化させた岡本。大塚やDF陣の穴を埋めた鄭容台。この2人には敢闘賞をあげたい。
スポンサーサイト

テーマ:コンサドーレ札幌 - ジャンル:スポーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。