獅子と梟

西武ライオンズとコンサドーレ札幌の試合の感想、採点など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008西武ライオンズ 3、4月を振り返る

18勝12敗1分 1位
という結果。見事なスタートダッシュを切ったと言っていい。
投手陣は特に不安はなく万全。
何と言っても打撃陣がすごい!本塁打数はリーグダントツトップを走る。

<投手陣>
涌井 2-3 1.81、石井一 4-1 2.23、岸 2-1 4.45、キニー 2-1 4.33 帆足 2-0 3.24、西口 0-2 6.86
小野寺 1.93、大沼 3.68、岩崎 4.26、岡本 1.46、星野 2.57、グラマン 0.00

涌井の勝ち星が伸びなかったのは誤算だが、石井一の安定感が際立つ。
中継ぎは三井が怪我から不調。しかし勝ちパターンの小野寺、岡本、グラマンが好調。

<打撃陣>
・基本オーダー
1.片岡   .254 12盗塁(リーグトップ
2.栗山   .256 出塁率.355
3.中島   .305 7本塁打 27打点
4.ブラゼル .248 11本塁打(リーグトップ) 22打点
5.GG佐藤 .319 6本塁打 19打点
6.中村   .254 7本塁打
7.石井義  .375
8.細川   .240 18打点
9.赤田   .221

松坂が離脱したものの、ボカチカや大島らも控える。
クリーンアップが強力。1、2番にもう少しあたりが欲しいか。

○個人的月間MVP○
投手:安定感抜群!13回無失点で7Sのグラマン
打者:打点チームトップ!守備も安定してきた中島 
スポンサーサイト

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。