獅子と梟

西武ライオンズとコンサドーレ札幌の試合の感想、採点など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010ペナント順位予想

<パ・リーグ>今年は横一線。
1.埼玉西武
浮上の鍵は中継ぎ陣。ここさえ埋まれば不安要素はない。
シコースキー加入で確実に戦力はアップ。グラマン、雄星あたりは夏場には出てきて欲しいところ。
打線はブラウンの加入で更に厚く。1、2番の出塁率向上はなるか。
キープレーヤー:(投)シコースキー (野)栗山

2.オリックス
ローズの穴は大きい。穴を埋める選手が出てくるか。T-岡田がどこまでやれる?
投手陣はもともと層は厚い。岡田監督による再編がどこまでうまく行くか。
阪神での実績はあるだけに、うまくまとめると予想。
キープレーヤー:(投)小松 (野)T-岡田、日高

3.北海道日本ハム
年々明らかに戦力は落ちてるが、不思議と勝てるチームなのでAクラス予想。
ダルビッシュ以外の先発投手陣が鍵。新外国人がどこまでやれるか。
打線はスレッジが抜けても補強を行わなかったことがどう出るか。中田のブレイクはあるか。
去年の打線は出来すぎの気もするが・・・。
キープレーヤー:(投)ケッペル、カーライル (野)糸井

4.東北楽天
せっかく野村野球が浸透してきたのに監督交代。
戦力的な上積みはあまりなし。中継ぎ陣は層は薄い。
先発は岩隈、田中と言う柱があるだけに心強い。
打線は未だ、大ベテランの山崎にかかる期待は大きい。
キープレーヤー:(投)福盛、モリーヨ (野)フィリップス、リンデン

5.福岡ソフトバンク
何と言っても打線が弱い。松中、小久保の衰えが厳しい。李机浩がどこまで出来るか。
中継ぎ陣は去年はリーグ1の成績だったが、摂津、ファルケンボーグが去年並みに出来るかどうかは疑問。
先発陣も4番手以降に新戦力が出てくるか。
キープレーヤー:(投)摂津 (野)李机浩

6.千葉ロッテ
監督も代わり今年は仕切り直しの年か。
打線はパワー不足、投手は層が薄い。
投手陣は先発はある程度揃うが、中継ぎ以降に不安。
打線は長打のある選手が少ない。金泰均が鍵を握る。
キープレーヤー:(投)薮田 (野)金泰均


<セ・リーグ>あまりわからないので、軽めに・・・。
1.読売
圧倒的な選手層。
特に野手の層が何の不安もない陣容。
不安があるとすればリリーフ陣か。クルーン、グライシンガーの穴をどう埋めるか。

2.阪神
城島加入で弱点は一気に埋まった。
特に戦力マイナスはなくAクラスは固い。

3.中日
打線の高齢化、弱体化が気になるが
投手力で踏みとどまるか。

4.横浜
大補強で明らかに戦力はアップしている。
投手陣に新戦力が出てくるか。

5.東京ヤクルト
打力の上積みがない。若手投手陣がブレイク出来るか。

6.広島
投手陣が不安定。打線では新外国人がどうか。
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。