獅子と梟

西武ライオンズとコンサドーレ札幌の試合の感想、採点など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009西武ライオンズ 6月を振り返る

8勝9敗1分け 4位
という結果。前半と後半が全く逆の結果に。交流戦勝ち越しも狙えると思ったが結局5割。ここに来て酷かった中継ぎがますますの惨状に。補強急務。打線は相変わらず点は取れてる。

<投手陣>
涌井     3-1 1.91 (8-3 2.50)
岸      1-0 2.61 (7-1 2.96)
帆足      1-1 4.82 (3-3 4.10)
石井一    1-2 7.27 (3-6 5.49)

西口    4試合(先発1) 0-0 3.24 (3-2 5.83)
ワズディン 6試合(先発3) 2-0 4.50 (2-1 5.26)

大沼     2試合 0.00
岩崎    2試合 3.38
山本淳   2試合 40.91
星野    11試合 7.50
三井    7試合 5.07

野上    7試合 9.54
岡本慎   5試合 12.30
許     6試合 1.42

小野寺   9試合0-0-3 5.73  

とにかく連敗中は誰が出ても打たれる状況。かなり酷い。先発も涌井、岸以外はイマイチ。7月中に補強来るか?

<打撃陣>
・基本オーダー
1.片岡   .301(73-22) 
2.栗山   .384(73-28)
3.中島   .268(71-19)
4.中村   .260(73-19) 7本塁打18打点
5.石井義  .356(45-16)
*.平尾   .136(22-03)
6.GG佐藤  .258(66-17)
7.大崎   .286(42-12)
8.佐藤   .120(25-03)
*.三浦   .250(08-02)
*.黒瀬   .133(15-02)
9.銀仁朗  .227(44-10)
*.上本   .143(14-02)

*.ボカチカ .238(21-05)

打線は特に問題なし。栗山が好調で打線のつながりが良くなった。大崎が下位打線で嵌ってくれれば大きい。控え陣が若干不満か。

○個人的月間MVP○
投手:QS率100%でエースの役割を果たした、涌井
打者:やっと本領発揮の、栗山
スポンサーサイト

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://leo18.blog97.fc2.com/tb.php/238-66f76d8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。